美人時計 北海道

Amazon ウィジェット

ブログパーツ

無料ブログはココログ

カテゴリー「Wimax」の記事

2011年7月19日 (火曜日)

Wimax その後

ADSLを解約してWimaxへ移行して一週間がすぎたので、
この一週間に起きたことをまとめてみまたした。

その1
・設定を変えているにも関わらずWimax回線から切断されたこと2度
 ※障害情報が出ていないにも関わらず再接続に手間取ったことが一度、
    機器再起動後、すんなりと接続
 ※ADSLの時も似たようなことがあったので、
  これは大きな問題にはならないだろう(゚▽゚*)

その2
・Wimax機器からの切断も数度
・WM3500Rのサイトに書かれている不具合の対処をした後も二度ほど起こる。
 ※端末側で接続表示が出てるにも関わらず、ネットにつながらなくなる。
  正直あせった面もあったが、Wimax機器がネットに接続されていたので
  PC側から3500Rとの接続を切断し、再接続すると何事もなかったかのようにつ  ながる・・・

7/15にWM3500Rのファームアップがあり、
メーカーの方でお知らせ機能切っているらしく今週になって気がつき導入。
※意味ないじゃん・・
変更した数値も元に戻して、ファームアップを慣行
今のところWimax機器からの切断されると行った状況には陥っていない。
新ファームが関係しているのか回線速度にムラはあるものの
良い範囲で収まっているような気もするが、他の方の書き込みでは
そんな事象にはふれていないので、気のせいなのかなヾ(´ε`*)ゝ

110719_sokudo_2

【MEMO:ネット接続環境】
インターネット→WM3500R→①無線LANルータ(WZR-HP-AG300H)
                 ②無線LAN内蔵PC
                 ③IpodTouch4th
                 ④携帯T004
                 ⑤無線LAN内蔵ネットブック

 *①の機器で構成されるネットワーク内機器は
    ・WLAE-AG300N(有線LAN接続のPC、IOdata HVT-BCT300)
    ・WLAE-AG300N(Xbox360、液晶テレビ)
     ※必要に応じて、ブルーレイプレイヤー及びD-TR1と差し替え
    ・Wii
    ・IpodTouch3rd
    ・③及び④ *家庭内で使用するときはこちらの方が電波状況が良かったため

【MEMO;料金面での変化】
Before
・NTTADSL料金     2700
・プロバイダ接続料金    2100

After
・プロバイダ接続料金    3510+262=3772

備考
・7月よりauのWI-FI通信料金(525円)が加算される。
・WM3500Rの導入によって、携帯パケット料金による節約が期待できる?。
・Ipodtouchとの二台持ちになるが、現在の携帯の月額費用と
 Wimaxの費用を合わせても月額6000円弱未満で済みそう。
 併せて持ち運びするPCもネットにつなげられることを考えると
 現段階ではWimax移行は結果としては良かったと感じる。

2011年7月11日 (月曜日)

家庭内LANに組み込んでみた

使い勝手と癖もだいぶわかってきたので、Aterm WM3500Rで
家庭内LANを再構築(゚ー゚)
とはいっても、特別なことをしたわけではなく
これまで使っていたADSLモデムを外し、
その位置にWM3500Rに変更しただけ。

無事つながったのだがいくつか問題にもぶつかった(ρ_;)


我が家の構成は


インターネット→WM3500R→①PC・携帯・Ipodtouch

                →②無線ルーター→PC及び家電


①はWM3500Rに直接登録(モバイル用)
②は有線で無線ルーターに接続(各機器は無線ルーターの登録が済んでいればOK)


さて一つ目の問題は無線ルーターから接続した機器が極端に遅い・重いということだった。そこで無線ルーター側の設定をもう一度見てみると・・・
バッファ○ー(あまり伏せ字の意味ない?(゚ー゚;)のLAN設定の中で
@スタートなる部分にチェックが入っていたいのでDHCPに付け替えると
多少、直つなぎしているよりは劣るが不自由がない程度に収まった(*゚▽゚)ノ


二つ目の問題は、WM3500Rの設置場所の関係から
無線ルーターを以前の場所から移動すること・・
そこで、これまで有線でつなげていたものをどうするかということ・・・
これを解決すべく家電店に走り、イーサーネットコンバーターを購入し何とか解消


途中、子機が切断される問題もおきたが機知の問題であるらしく
WM3500R側の設定でかなりましになった。
ただし、送信出力をあげても階下やトイレ、浴室等では途切れいやすいので
Ipodtouchと携帯は無線ルーター側にも登録をした。
無線ルーターの方がやはり電波を飛ばすには長けているようである。


とまぁ、なんとか使える環境になったので、
これまで契約していたADSLに関わる契約は解約しました。
結果 NTTとプロバイダに支払ってた金額よりも960円ほど安くなって
尚且つモバイル環境も手にいれることができた。
後はパケット代がどのくらい下がるかと
Wimaxの回線環境がもっと良くなることを祈るだけです(*´σー`)

2011年7月 8日 (金曜日)

Wimaxが やってきた その2

T004という携帯とのWi-Fi接続の件

家の中
部屋を一つ離れると、とにかくすぐ切断される(/□≦、)
家の風呂場でメールのやりとりなんてもってのほか

ということで、Aterm3500RのLAN接続の設定をもう一度見てみると
送信出力なる項目があったので、
デフォルトの12.5から100に変更
少しましになる
一方、IpoTouchは初期設定の12.5でも何とかなることを考えると
T004のWi-fiカードがたいした良くない物だと改めて感じた。

雨の一日だったのでリハビリであるウォーキングがてら
イオンで3500Rと携帯、IpodTouchを持ちながら店舗内をウインドショッピングを
2時間くらい歩いた。
途中で切断されるのか、両機とも電池の減りが異様に速かった。

それでも外出先でWifi接続はできるようになったので、
携帯のパケットも最低限ですむようになるのかもしれないヽ(´▽`)/
ただし、外部バッテリーは必須になりそうである_| ̄|○

2011年7月 7日 (木曜日)

Wimaxが やってきた

先日申し込みをしていたWimaxの機器が届きました。
最初に充電を・・・・Σ( ̄ロ ̄lll)3.5時間もかかるんすか
その間を利用して本日のリハビリメニューをすませ
メインで使うノートPCにソフトを入れ・・
説明書に目を通す・・
同封されてきたプロバイダの追加説明にも目を通し
いざ接続設定o(*^▽^*)o
ところがWimaxランプがいっこうに緑にならない
ネットサービスを利用しながら聴くが
違うセクションで聴くようにと丁重にいわれ糸冬 了..._φ(゚∀゚ )アヒャ
気を取り直し、付属の説明書のみでやるとあっと言うまに
設定完了(゚ー゚;
プロバイダの追加説明の内容が混乱の元であったと気がつく

で実際どんな感じかというと

ブロードバンドスピードテスト 通信速度測定結果
http://www.bspeedtest.jp/ v3.0.1
測定時刻 2011/07/07 16:40:05
回線種類/線路長/OS:モバイル回線/-/Windows 7/-
サービス/ISP:-/-
サーバ1[N] 4.75Mbps
サーバ2[S] 7.75Mbps
下り受信速度: 7.7Mbps(7.75Mbps,969kByte/s)
上り送信速度: 3.8Mbps(3.89Mbps,486kByte/s)

遙か昔に計測したこれまでの環境は こんな感じ
測定サイト  http://www.bspeedtest.jp/ v2.3.3
測定時刻  2004/02/09 23:47:12
回線種類/線路長/OS ADSL/2.5km/Windows 2000
キャリア/ISP/地域  NTTフレッツADSL 12Mbps/asahi-net/北海道
ホスト1: WebArena(NTTPC) 2.8Mbps(1441kB,4.1秒)
ホスト2: SAKURAインターネット 4.1Mbps(2244kB,4.3秒)
推定最大スループット: 4.1Mbps

まぁいい方かな
これからこれまであった無線LANの環境を移行していく予定であるが
良い買い物かどうかの判断はもう少し待ってみたいと思っているところです((w´ω`w))